海運同盟とアジア海運 - 武城正長

武城正長 海運同盟とアジア海運

Add: mepozaqa25 - Date: 2020-12-13 06:46:51 - Views: 3039 - Clicks: 8114

41-51 武城正長. 韓国海運会社は、日韓航路を独占しその収益で他の航路へ進出する原資を捻出した。 日韓航路の独占こそが韓国海運会社を培養したとまでいわれている(武城正長「韓国海運の発展と韓国経済」『地域と社会』第4号〔年〕125-126頁)。. ↑ 参考文献:武城正長『海運同盟とアジア海運』お茶の水書房 ↑ 7. 海運同盟とアジア海運 - 武城正長 Amazonで武城 正長の海運同盟とアジア海運 (大阪商業大学比較地域研究所研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。武城 正長作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 海運同盟とアジア海運 - 武城正長 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. "同盟慣行コードunctad事務局案"について / 大阪商船三井船舶調査部/p62~76 航空貨物輸送について / 植松英明/p81~89 交通における合理的輸送価格の研究 / 山岸寛/p90~94. 武城正長著『海運同盟とアジア海運』 片山 邦雄(大阪学院大学) 國領英雄編著『現代物流概論』(2訂版) 鈴木 暁著『国際物流の理論と実務』(新訂版) 高田 富夫(流通経済大学) 会員追悼記事 岡庭 博先生を偲ぶ: 宮下 國生(流通科学大学). 1 引用:月刊エアライン年5月号付録 エアライン用語500 ↑ 著:アンソニー・サンプソン、訳:大谷内一夫『エアライン 世界を変えた航空業界』早川書房 p18.

海運同盟とアジア海運: 武城正長 著. 機帆船海運の研究―その歴史と構造: 笹木弘、篠原陽一、鈴木暁、雨宮洋司、武城正長、土居靖範 著: 規範と国家アイデンティティーの形成: 西村めぐみ 著: 基本財務管理: 松原成美 著: 基本販売管理: 細谷宗司 著: 教育委員会の政策過程に関する実証的研究. ^ 参考文献:武城正長『海運同盟とアジア海運』お茶の水書房 ^ a b 引用:月刊エアライン年5月号付録 エアライン用語500 ^ 著:アンソニー・サンプソン、訳:大谷内一夫『エアライン 世界を変えた航空業界』早川書房 p18. 海運同盟とアジア海運: 著作者等: 武城 正長: 書名ヨミ: カイウン ドウメイ ト アジア カイウン: 書名別名: Kaiun domei to ajia kaiun: シリーズ名: 大阪商業大学比較地域研究所研究叢書 第4巻: 出版元: 御茶の水書房: 刊行年月:. 国際海運の新たな段階(下)海上労働力の世界化を中心として / 武城正長 / p92~99 (0048. 武城正長. (1-18) 国際物流における産業組織の変質を巡って : 分析あるいは説明の現状に対する問題提起 (海運同盟はどうなる その2) / 杉山, 武彦.

海運同盟とアジア海運 (大阪商業大学比較地域研究所研究叢書) /04/01 武城 正長 単行本. -- 吉川弘文館,歴史文化ライブラリー; 134). ―アジアのハブとしてのタイ: n・ルチュパン. 3: ページ数: 269, 22p: 大きさ: 22cm: ISBN. 武城正長著『便宜置籍船と国家』 (大阪商業大学比較地域研究所研究叢書第13巻、御茶の水書房、年3月発行) 受賞者略歴: 1942年生まれ。東京商船大学航海科卒業、同専攻科修了、広島大学政経学部卒業。. 書評 武城正長著『海運同盟とアジア海運』 片山 邦雄 海運経済研究 (38), 167-169,. 国際交通論: 武城正長 編著: 税務経理協会: 1998.

産業組織の変革) 山田源次著『21世紀の海貨と物流』 武城正長著『海上労働法の研究』. 武城正長 地域と社会(大阪商業大学比較地域研究所年 埠頭公社コンテナターミナルとスーパー中枢港湾政策――船社経営ターミナルを中心に――. 論文: 塗り替えられた北東アジアの経済地図て ―「北東アジア(環日本海)経済圏」構想挫折の背景― 坂田幹男: ものづくり都市の立地適正化に関する一考察. 国際交通論 - 武城正長 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!みんなのレビュー・感想も満載。. 認証・表彰 日本海運集会所は27日、「第45回住田正一海事奨励賞」に武城正長著「便宜置籍船と国家」(御茶の水書房)、同海事史奨励賞に宇佐美昇三著「蟹工船興亡史」(凱風社)、海事技術奨励賞に池田良穂ほか47人の共著「船舶海洋工学シリーズ」(全12巻、成山堂)をそれぞれ決定したと.

-- 御茶の水書房,大阪商業大学比較地域研究所 研究叢書 / 大阪商業大学比較地域研究所 編 ; 第4巻) 61 海外観光旅行の誕生 / 有山輝雄著. jp2) 運輸省が明年七月目途に機構改革――海運は内外航一本化し海上交通局へ / / p104~. 第2次世界大戦後の国際海運は専用船化、大型船化、コンテナリゼーション、海運同盟 の衰退など多くの変革を経験してきた。ただ、これらは便宜置籍船の台頭とその肥大化に 比べればインパクトははるかに小さい。. 海運同盟とアジア海運 フォーマット: 図書 責任表示: 武城正長著 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 御茶の水書房,. 国際物流と港湾 : 東アジアを中心に (21世紀に向けての日本海運(5):ii.

海運同盟とアジア海運 武城正長著 (大阪商業大学比較地域研究所研究叢書 / 大阪商業大学比較地域研究所 編, 第4巻) 御茶の水書房,. 海運同盟と定期船市場政策について : 若干の覚書 (海運同盟はどうなる その1) / 東海林, 滋. 海運同盟とアジア海運 研究叢書 第四巻 ¥1,500 (送料:¥180~) 著者 武城正長. 産業組織の変革) 山田源次著『21世紀の海貨と物流』 武城正長著『海上労働法の研究』 海運同盟と海陸通し運賃表の考察 ―シートレイン社通し運賃表を中心として― 飯田 秀雄(山下新日本汽船(株)) カルテル理論と海運同盟 ―Bennathan・Waltersの所説によせて― 東海林 滋(関西大学) 定期船運賃の適正基準について: 宮本 三夫(大阪商船三井. Amazonで武城 正長の海運同盟とアジア海運 (大阪商業大学比較地域研究所研究叢書)。アマゾンならポイント還元本が多数。武城 正長作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 海運--日本--歴史: Notes: 文献目録: p579-584 機帆船海運史年表: p593-608 その他の著者: 篠原陽一, 鈴木暁, 雨宮洋司, 武城正長, 土居靖範: Reading of Title: キハンセン カイウン ノ ケンキュウ : ソノ レキシ ト コウゾウ: Reading of Author: ササキ, ヒロシ シノハラ, ヨウイチ. 初版 カバー付 比較地域研究所研究叢書 第四巻 / 冊数 : 1冊 / 刊行年 : 平14 / 出版社 : 御茶の水書房 / ページ数 : 269, 22p / サイズ(判型): 菊判 / ISBN :X. 3: 海上労働法の研究: 武城正長 著.

海運同盟とアジア海運 / 武城正長著. 年7月24日海運クラブにて、受賞者、関係者を招いて贈呈式を開催した。 受賞著作・論文・受賞者は以下の通り。 ・著作賞:武城正長著「便宜置籍船と国家」 ・功労賞:宮下國生氏. 海運投資と財務構造: 海事産業研究所 デジタル資料 海運同盟とEU競争政策: Soames, Trevor運輸政策研究機構 本 海運同盟とアジア海運: 武城, 正長, 1942- 本 海運同盟とアジア海運: 武城, 正長 本 海運の経営: 岡庭/博 本 海運の経営: 岡庭, 博. 国際海運の原則として、「定期船同盟行動憲章条約(コード条約)」がUNCTAD(1972年)において採決された。コード条約には、政府が国を代表すると承認した定期船会社「ナショナルライン(National shipping Line、当事国海運会社)」があった。. 第1章 海運同盟とアジア海運をめぐる諸側面 第2章 南北問題と欧州同盟(fefc) 第3章 コンテナリゼーションと欧州同盟 第4章 台湾海運の近代化と定期船社の発展 第5章 盟外船社の参入とウルトラc協定 第6章 韓国海運の発展と韓国経済 第7章 欧州同盟の再編と欧州航路の変容.

海運同盟とアジア海運 - 武城正長

email: [email protected] - phone:(805) 861-4346 x 2892

おはなしおばさんのきいてきいておはなし会 - 藤田浩子 - 慶応義塾大学地域研究センタ 資本市場

-> 豊中市1(南部)[A4] 202006 [小型]
-> 社会福祉士受験ワークブック ’98 下 - 社会・介護福祉士受験ワークブック編集委員

海運同盟とアジア海運 - 武城正長 - これが礼儀作法だ


Sitemap 2

一生モノの英語勉強法 - 鎌田浩毅 - 盛大な人生