重要判例解説 平成29年

重要判例解説

Add: hoqelo16 - Date: 2020-12-18 19:44:32 - Views: 8003 - Clicks: 3254

1 公的証明書類に関する判例 2. 以上のような動機・用途で、筆者は①平成15年度くらいまでの重判から、各法10~20の判例をピックアップし、②本を持っているにも関わらず、わざわざこれをコピーし、③マーキングしてから百選に糊で貼り付けていました。要するに百選の勝手な補訂です。なお、重判はヤフオク!などのフリマサービスにより、10年分まとめて5000円!等々、かなり安く入手することができます。 そろそろ、本題のランク付けにいきます!なお、筆者は単に出題可能性の大小ではランク付けをしていませんでした。上記1~5に鑑みて、総合的に読んどくべきかどうか、のランク付けです。. 例年好評を博している『重要判例解説』の最新版。 平成29年度1年間の判例を概観する「判例の動き」と,重要判例についての的確で分かりやすい「個別解説」で,最新判例を広く深く学べる一冊。. 平成28年参議院選挙と「一票の較差」(最大判平成29・9・27) 棟居快行.

「重要判例解説 平成28年度」 定価: ¥ 3,300 本 book 人文 社会 例年好評を博している『重要判例解説』の最新版。判例の最近1年の動向を紹介する「判例の動き」と,要点を絞った的確な個別解説とで誌面を構成。通算50冊目を迎える,信頼の1冊。. See full list on daitai. 今回は、近時の刑法の重要判例である最高裁平成29年4月26日判決について解説したいと思います。 司法試験・予備試験応援サイト 《法律学習者を応援するブログ》法学系試験受験生をサポートします。. 争点①本件賃金規則の効力を検討する前提として、国際自動車が設計する本件賃金規則の概要を理解する必要があります。 本件最高裁判決が認定した事実関係及び本件賃金規則の概要は、以下のとおりです。 上記本件賃金規則の内容を整理すると、以下の一覧表のようになります。 このように、本件賃金規則は、「歩合給」とは別に、「割増金及び歩合給を求めるための対象額」として「対象額A」を設定し、「対象額A」から割増金等を控除して「歩合給」が算定される、という仕組を設計している点に特徴があります。「対象額A」を設定することによって、「歩合給」に直接割増金等が含まれるのではなく、「対象額A」から割増金等を控除した残金が「歩合給」に該当する、ということになります。.

Amazonでジュリスト編集室の平成24年度重要判例解説 (ジュリスト臨時増刊)。アマゾンならポイント還元本が多数。. アクティリンク事件(東京地判平24.8.24 労判1058号5頁) 3. Amazonで西村 和彦の平成29年版 パーフェクト行政書士 重要判例集 (パーフェクト行政書士シリーズ)。アマゾンならポイント還元本が多数。. 「使用者が、労働契約に基づき、労働基準法37条等に定められた方法以外の方法により算定される手当を時間外労働等に対する対価として支払うこと自体が直ちに同条に反するものではない」 →会社側が固定残業代等の制度設計をすること自体は否定しない 2. 地方議会における発言取消命令と司法審査(名古屋高判平成29・2・2) 奥村公輔. 占有改定は引渡しを受けたものとされるか (平成29年5月10日最高裁) 事件番号 平成28(許)26 この裁判は、 銀行が,輸入業者の輸入する商品に関して信用状を発行し, 当該商品につき譲渡担保権の設定を・・・. 全体的にみると、読むべし!判例は多くない年のように思います。昨年(平成29年度)の方が多かったですね。憲法・行政法はそもそも判例学習の重要度が高い(下記記事参照)ので、読んでおいた方が良いと思います。 刑法・刑訴法は法理判例(場合判例)があったので、論パを少し加筆・修正すべきかもしれません。商法は「司法試験っぽい」判例が多かったので、読んで思考枠組みを再現できるようにしておくと、安心だと思います。. 最高裁判所判例解説〈刑事篇 昭和51年度〉 (1980年).

最高裁判所判例解説 民事篇〈平成29年度 下 10月~12月分〉. 「使用者が労働者に対して労働基準法37条の定める割増賃金を支払ったとすることができるか否かを判断するためには、割増賃金として支払われた金額が、通常の労働時間の賃金に相当する部分の金額を基礎として、労働基準法37条等に定められた方法により算定した割増賃金の額を下回らないか否かを検討することになるところ、その前提として、労働契約における賃金の定めにつき、通常の労働時間の賃金に当たる部分と同条の定める割増賃金に当たる部分とを判別することができることが必要である」 →会社側が定める賃金体系の制度設計において、通常の労働時間の賃金と、割増賃金とを判別することが必要な要件となる 3. ところで、国際自動車事件は、特に同社が設定する歩合給の有効性をめぐり、本件最高裁判決も含め、数次の訴訟で係争されるという複雑な経過をたどっています。 本件最高裁判決を検討する前提として、まず国際自動車事件の歩合給の有効性をめぐる一連の訴訟の経過を紹介します。 国際自動車をめぐる一連の訴訟は、複数回にわたって提訴されていますが、本稿では、「第1事件」と「第2事件」について紹介します。 「第1事件」は、一審(東京地裁平成24年(ワ)第14472号〈平27.1.28判決、労判1114号35頁以下参照〉から、本件最高裁判決に至るまでの一連の裁判を指します。 一方、「第2事件」は、一審(東京地裁平成26年(ワ)第26409号〈平28.4.21判決、労判1141号25頁以下参照>から、二審(東京高判平成28年(ネ)第2560号<平30.1.18判決、労判1177号75頁以下参照>(最高裁において上告審係属)という一連の裁判を指します。 第1事件及び第2事件において、いずれも国際自動車が設定する歩合給の有効性が主な争点となっていますが、第1事件及び第2事件の各審級における裁判所の判断は、異なっ. 重要判例解説 大阪医科薬科大学事件 最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決令和2年10月13日)(令和元年(. 判例百選スピード攻略講座 民事訴訟法【百選24】 渡辺悠人講師. 裁判長:木澤 克之,池上 政幸,小池 裕,山口 厚,深山 卓也 2. 年04月11日発売 | 例年好評を博している『重要判例解説』の最新版。平成29年度1年間の判例を概観する「判例の動き」と,重要判例についての的確で分かりやすい「個別解説」で,最新判例を広く深く学べる一冊。〔憲法〕11件判例の動き=渡辺康行 平成28年参議院選挙と「一票の較差」ほか. 憲法 判例の動き《渡辺康行》.

平成29年(年)問14/宅建過去問 不動産の登記に関する次の記述のうち、不動産登記法の規定によれば、誤っているものはどれか。 1.建物の名称があるときは、その名称も当該建物の表示に関する登記の登記事項となる。. 性同一性障害者特例法上の性別取扱変更要件と憲法13条・14条(岡山家津山支審平成29・2・6) 栗田佳泰. 東京高等裁判所令和2年6月29. 重要判例解説. 平成29年司法試験 不合格者 再現答案 憲法 何のお返しもできませんが、答案に関してアドバイスいただければうれしいです。 再現答案については、一応自ら分析を行ったうえで、自分でコメントを付けたものを公開しています。.

一方、前記のとおり、本件最高裁判決の結論は、その前審である国際自動車事件第1事件第二次控訴審判決(差戻審)の判断内容と、真逆の結論を導いたことになります。 もとより、固定残業代の有効性に関する裁判所の判断は一定しておらず、予測可能性に欠ける傾向にはありましたが、今回の本件最高裁判決の判断によって、一層その印象を強くなったように思われます。 また、本件最高裁判決では、明確区分性の判断要素として、日本ケミカル事件最高裁判決を引用しつつ、「当該労働契約に係る契約書等の記載内容のほか諸般の事情を考慮して判断すべきであり(前掲最高裁平成30年7月19日第一小法廷判決参照)、その判断に際しては、当該手当の名称や算定方法だけでなく、上記アで説示した同条の趣旨を踏まえ、当該労働契約の定める賃金体系全体における当該手当の位置付け等にも留意して検討しなければならないというべきである。」と判示しています。 しかしながら、上記判断基準を示した後に展開される本件賃金規則に基づく割増賃金の支払の有効性に関する判断内容をみても、本件賃金規則の実質的な判断を記載するのみで、契約書等の記載内容や、当該手当の名称や. 本件の争点は、①本件賃金規則の効力、②遅延損害金の利率(賃金の支払の確保等に関する法律6条1項の適否)、③付加金の支払い命令の是非(労働基準法114条)になります。 これらの争点のうち、本件最高裁判決では、争点①本件賃金規則の効力について判断が示された上、実務上も大きな影響を及ぼしうることから、以下では争点①を中心に検討します。. 解答解説はこちら 平成29年 問11 A所有の甲土地につき、平成29年10月1日にBとの間で賃貸借契約(以下「本件契約」という。 )が締結された場合に関する次の記述のうち、民法及び借地借家法の規定並びに判例によれば、正しいものはどれか。. See full list on houmu.

ザ・ウインザー・ホテルズインターナショナル事件(札幌高判平24.10.19 労判1064号37頁) 4. See full list on roudoumondai. ・ 定款の定めの効力 (平成29年2月21日最高裁) ・ 立替払契約における名義貸し (平成29年2月21日最高裁) ・ 割増賃金 (平成29年2月28日最高裁) ・ 置き忘れられた現金在中の封筒を窃取したとされる事件の逆転無罪 (平成29年3月10日最高裁). 泉レストラン事件(東京地判平26.8.26 労判1103号86頁) 6. Amazonでの平成28年度重要判例解説 ((ジュリスト臨時増刊))。アマゾンならポイント還元本が多数。作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 平成30年度司法試験での出題可能性を踏まえ,平成29年度重要判例解説のランク付けをしました(判例としての客観的な重要性とは異なるのでご注意ください)。 太字部分は,重要判例解説解析講座で扱っている判例です。ただし,Bランク判例は時間の関係.

過去の判例実務においては、預貯金は相続財産に含まれておりませんでした。 しかしながら、平成28年12月22日、最高裁は大法廷を開き、預貯金が相続財産に含まれるという判例変更を行いました。 これは、銀行預金や郵便局の貯金が現金と同様に取り扱われている現状において、遺産の処理の. イーライフ事件(東京地判平25.2.28 労判1074号47頁) 5. 冒頭でも述べましたが、本件最高裁判決が、本件賃金規則による割増金の支払は、「労働基準法37条の定める割増賃金が支払われたということはできない」と判示したことは、同種のタクシー会社や運送会社に相当の影響を与えることは避けられません。国際自動車が設定する本件賃金規則と類似の制度を設計している企業にとって、今後の賃金体系の見直しも検討することが求められます。 また、本件最高裁判決の判断内容は、本件賃金規則類似の制度設計の適否だけでなく、いわゆる「固定残業代」(一定の金額により残業代、具体的には時間外労働割増賃金、休日労働割増賃金、深夜労働割増賃金を支払うこと)の解釈についても影響を及ぼしうるものです。 このように、本件最高裁判決は、これまでに本件賃金規則類似の制度を設計し、歩合給の中に残業代等を含めて運用していた企業や、固定残業代を設定している企業へ与える影響が大きいことが予想されます。今後の裁判実務の流れを予想するとともに、賃金体系の制度設計の見直しを検討するにあたり、本件最高裁判決の要点を把握しておくことは極めて重要といえます。 働き方改革関連法の施行が開始し、大企業は2019年4. 遺族補償年金受給資格と. 会社分割から7年後に行われた会社解散を理由とする解雇の有効性――石川タクシー事件(東京高判平成26・6・12) 橋本陽子 継続雇用制度適用労働者に対する職種変更の適法性――トヨタ自動車事件(名古屋高判平成28・9・28) 山川和義. ※「法学セミナー増刊 速報判例解説 Vol.

X(原告,控訴人,被上告人)は,平成24年1月10日,保険調剤薬局の運営を主たる業務とするY(被告,被控訴人,上告人)と雇用契約を締結し,平成25年1月21日に薬剤師として勤務を開始し、平成26年3月31日退職した。原告は,業務手当の名目で支給されていた時間外労働に対する固定残業代が無効である等と主張し,被告に対し,時間外労働及び深夜労働に係る割増賃金並びにこれに対する遅延損害金,付加金の支払いを求めた。 1審は本件業務手当による時間外手当の支払を適法としたが、2審では、本件業務手当が何時間分の時間外手当にあたるのかがXに伝えられておらず,業務手当を上回る時間外手当が発生しているか否かをXが認識することができないので業務手当を時間外手当の支払とみなすことはできないとしてXの請求を認容した。これに対し,Yは上告した。. 平成29年までの重要判例をカバー 本書は、憲法を学ぶ上で重要な判例・裁判例を網羅。事実や判旨のほか、必要と思われるものについては、最高裁判所裁判官の個別意見も積極的に収録。 第8版は、再婚禁止期間、夫婦同氏制、GPS捜査、およびNHK受信料に関する最高裁判例など、(平成29)年. 2 関連裁判例. 国際自動車事件最高裁判決(第1事件第二次上告審)(最高裁判所第一小法廷判決令和2年3月30日)(平成30年(受)第908号 賃金請求事件) pdf 国際自動車事件最高裁判決(第1事件第一次上告審)(最高裁判所第三小法廷判決平成29年2月28日)(平成27年(受)第1998号 賃金請求事件) pdf 日本ケミカル事件最高裁判決(最高裁判所第一小法廷平成30年7月19日)(平成29年(受)第842号 未払賃金請求事件) 新・判例解説Watch 「新・判例解説Watch」の詳細は、こちらからご確認いただけます。. 2 最高裁平成 22 年7 月29 日決定と最高裁平成26 年3 月28 日決定は、理論的に は、どのように理解されるべきか 重要判例解説 平成29年 2. 本件最高裁判決は、会社側の賃金体系の制度設計について、以下の3つのステップで判断を示しています。 1. テックジャパン事件(最高裁一小判平24.3.8 労判1060号5頁) 2.

重要判例解説 大阪医科薬科大学事件 最高裁判決(最高裁判所第三小法廷判決令和2年10月13日)(令和元年(受)第1055号、第1056号 地位確認等請求事件) 同一労働同一賃金における「賞与」の待遇差に関する判断要素 c. 2 従来の判例との整合性 2. 過剰防衛の成否 (平成20年6月25日最高裁) 事件番号 平成20(あ)124 xはa、bとともにいた甲に呼び止められ、 犯行現場に移動したところ、 甲にいきなり殴りかかられ、xはそれに応戦し、 甲がアル・・・. 【使用教材】 「平成29年度 重要判例解説」(有斐閣) 年4月発行予定 ※各自でご用意ください。 *発送教材:なし、オリジナルテキストデータ掲載:なし 年 最新判例講義. 平成29年度重要判例解説 ジュリスト臨時増刊 プリント・レプリカ Kindle版 有斐閣 (編集) 形式: Kindle版 5つ星のうち4.

重要判例解説 平成29年

email: [email protected] - phone:(780) 173-4375 x 2904

踊る大捜査線the movie2レインボーブリッジを封鎖せよ! 完全調書 - A問題集 これでわかる数学

-> 環境住民運動論 - 江川節雄
-> 英語なるほどリスニング講義 - 川端淳司

重要判例解説 平成29年 - 大卒程度技術系模擬試験コース


Sitemap 3

資質・能力を最大限に引き出す!『学び合い』の手引き ルーツ&考え方編 - 西川純 - コーラCMソングデータブック 濱田高志